退行催眠セッションの記録

○○○○/5/5 前世療法

************

場面1

暗い感じ 広い 夜じゃない 広くて、大きな建物の中
立っています たぶん、大きな教会 大きな大きな・・・講堂みたいなところ
真っ暗じゃない 佇んでいるだけ 石でできた建物 木の感じじゃない 空気がひんやりしている

着ている服は、普通の服じゃなくて、布みたいな 服というのとはちょっと違う
白 きれを巻き付けたような感じ 何か、厚い本を持っている 
聖書じゃないけど、何か大事なことが書いている本 私の本です

髪形は・・・長いのかな 髭を生やしている 日本人じゃないな
黒人でも中国人でもない 男性です 今はもう、40歳過ぎているなあ・・・

教会じゃない 大きな建物の中で、何かを悩んでる
分からない 何か 哲学的なことを考えている

たぶん、学者だと思う 宗教家ではない
そこには一人しかいなくて、本を持って、何か答えの出ないことを悩んでいる

いや、そんなことはないと思う 著名ではない

たぶん生命とか そういうことだと思う 何だろう?
生命はどこから来て、どこへ行くのか
持っている本は、それについて誰かが書いた本で、それを一生懸命自分で考えている
けど、答えが無くて・・・今でも その大きな建物の中で悩んでいる

自分の名前じゃないけど、知り合いの人に誰がいるか分かる
それはね、プラトンだ だけど、俺はプラトンじゃない

今は、自分しか居ないから、何を考えているか分からない
たぶん、持っている本は、プラトンの書いた本だと思う
難しすぎて分からない・・・プラトンの言っていること イデアとか よく分からない

学者になったのは、考えることが大切なことだと 命について考えることが大切だから理解したい・・・

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

場面2

今度は、聖職者になっている どこかの小さい教会 もう、年を取った神父か牧師か・・・
今は教会に来ている男の子の頭を触っている 優しい気持ちで、言葉にしないで子供を慰めている
みんなにしている

その神父は、みんなを助けなくてはいけないんだけど、自分がもう何もできないことが分かって無力だし、
もう年を取っているから 世の中に対して、一人の人間のできることというのは限られている
それにもう、年を取っているし、そんなに人生はもう長くない

自分の周りはすごく平和だけど、だけどみんなが幸せだということではない
諦めの気持ちがある 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

場面3

これは日本の山奥・・・何かの修行をしている 祈っている
それは・・・宇宙に対して 全体に対して どこか虚しくて、諦めがあるんだと思う

修行をしているきっかけ・・・それは戦争が嫌だから 殺し合いとか
たぶんそれは、江戸時代よりも前だな もっと前だな 鎌倉か・・・それくらいの時代
そんなに激しい戦乱ではないけれども、人を殺したり殺されたり
それがつらくて、山に入ってしまった 

修験者とか そんな立派なものではないと思う 世捨て人のような
何もできないから 虚しい 何も救えないから

男性 30歳くらいかな 戦に参加はしていない そういうことは嫌いだから
戦があった訳ではない ただ、多くの人を殺したり殺されたりというのは続いている
ちょっとした、ささやかな欲望だったり それぞれの 本当につまらない欲望だったり
良いことではないけど、特別悪いことでも・・・と、みんなが思っている すごく嫌だ

家族は、もう居ない たぶん殺されたんだと思う
どんな人かも分からない 殺したり、殺されたりということは、自然に起きているから
それも日常の生活の一部のようになってしまっているから 

死んだ人達に対しても多くの感情を持っていない
死んでしまったことが可哀想なのではなくて 死というものを、真剣に捉えていないことが可哀想
世の中のみんなが 

死とは、人生の中で一番大切なもの 産まれてくるよりも、もっと大事なこと
それを分かっていない そういうことがどれだけ大切なことか、分かっていないことに対して空しさを感じている

人生は、死ぬことの為にある いかに、良く死んでいけるかだけが、人生の善し悪しだと思う
だけど、みんな生きることに執着しすぎて、死のことを考えていない
大事なことは生きることではなくて、よく死ぬことができれば、それは大事な人生だったと思う

そのまま、一人で死んでいった でも、満足してはいない
何もできなかった・・・でも、頑張っていたと思う そんなに自分を責める必要なないと思う

今は、これは地上でも天国でもない どこか空の上から下を眺めている
もう別に悔やんでもいないし、悲しんでもいない

自分が何かをできなくて当たり前・・・それが人間だから

たぶん、東日本 関東のどこかにいた

○○(私)さんに伝えたいこと
今は何を言っても分からない まだ苦しむんだと思う それは、命をもっともっと勉強して
知らなくちゃならない すべての欲を無くしてもっともっと純粋にならないと分からないだろうな
何もない 何を言っても、たぶん分からないから 理解できない

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

Copyright (c) 2015 orpheus All Rights Reserved.