死者との再会

死別の喪失 時間が止まる

 ある日突然妻が旅立ちました。
 30分前まで電話で話をしていた最愛の妻が、突然この世から 消えてしまいました。
 自殺です。理由なんてわかりません。
 その日以来、笑うことも、怒ることも無くなり、苦しくて、寂しくて、哀しみの感情すらも深い闇の中にに閉じ込めてしまいました。

 休日には、見えない妻を車の助手席に乗せて思い出の地を訪れる。いくら話しかけても返事のない現実に押しつぶされ、状況の把握も、行動の制御もできず、大声で泣き叫んでいました。
 妻が旅立った地に行き、私もそこから旅立とうとしましたがそれもできず、すべての感情を失ったはずなのに、来る日も、来る日も、自覚のない自己破壊と、溢れ出る涙に支配されていました。
 体重も半年間で81Kgから66Kgへとなり、神経ばかりが研ぎ澄まされていきました。

 結婚以来、喧嘩もせず、二人でいられることに人生の喜びを実感し、他の多くを望むこともなく、未来永劫にこの時間が続くことを、そして、最後は共に老いて天に召されることを疑うことなく、平凡と言う最高の幸せに感謝し、生きていました。
 妻においしいものを食べさせたくて、旅行にもいっぱい連れていきたくて、妻を喜ばせたくて、残業で深夜帰宅することに何の疑問も持たず、仕事も一生懸命していました。

 しかし、自分の一番大切な人を失って、それは、自分の見え・陳腐なプライドに過ぎないことに気づき、自分の人生を全否定し、守るもの、怖いものは何もなくなり、嘘、偽り、幻聴、幻覚はすべて無用と排除し、「真実」のみを求めるようになりました。
 自分の心に正直に生きるために、社会の喧騒から距離置き、他者との接触を避ける。現代社会の世捨て人になっていました。

死者との再会へ

 悲しみ、絶望の暗闇の中をさまよっていた私の生きる目的は、死後の世界の確認だけであり、どうしたら真実がわかるのか?
 『ほんとうのことが知りたい。死んだらどうなるのか。死後の世界が有るのか、無いのか。あの世が有るのならば、今すぐ会いに行きたい。無いのなら、早く死んで終わりにしたい。』
 はっきりと否定できるのならそれでもいい。とにかく自分で確認し、真実を知りたい。

 身辺整理をし、心の整理をし、早く旅立てる事だけを願っていましたが、死ぬ前にどうしても真実が知りたくて、持てる時間の全てを、「死後の世界」、「精神世界」の確認に費やし、あらゆることを試してみました。

 人生なんて一瞬の瞬きですが、時間の止まった私には、光も影も無く、あと一度の瞬きを終えれば、また、妻との永遠の幸せを得られるのだと言い聞かせ、オルフェウスのように、妻に会うためだけに、真実を知るためだけに、黄泉への入口を探し求めていました。
 「オルフェウス」、知っていますか? ギリシャ神話に登場する吟遊詩人です。亡くなった妻を取り戻すために冥界に入り、妻を連れて帰るための条件、“冥界から抜け出すまでの間、決して後ろを振り返ってはならない”を守れず、永遠の別れとなってしまった者です。

 しかし、私は黄泉へ行かずに妻と話ができました。
 死後の世界を認めないと説明のつかない不思議なことを何度も経験しました。
 まるで、死者が“いますがごとく”次々と。
 でも、そこからまた修羅への旅が始まりました。
 私に起きた現実は、どんな理屈・法則で起きているのか? 幻なのか? 何故? なぜ?

精神世界の探究

 「不思議な現象」があるならば、そこには必ず法則があるはず。死後の世界は証明できるはず。
 あなたは墓参りをしませんか?それは故人を忍ぶためのものですか?
 皆、心のどこかで期待を込めて、見えない誰かに何かが届くと思い、自然に手を合わせているのではないでしょうか。

 どんなことでもいいから妻に会うための手段を見つけたくて、あの世につながる不思議な事全てについて確認したくて、精神世界の探究へと向かいました。
 気になるものは手あたり次第調べて、自分の目で、体で確認して。

 毎日毎日、死後の世界に繋がる精神世界の本を読み(500冊は超えました)、      
 ネットで情報を探し、      
 6人の霊能者に会い(能力も料金もいろいろ)、      
 前世への退行催眠を4回も受け、      
 精神世界、霊界、不思議現象系の精神世界のセミナーに参加し、      
 幽霊の存在を確認したくて深夜の心霊スポットを訪れ、奇妙な出来事を集め、      
 鏡視(レイモンド・ムーディーの書籍に書いてある死者との再会方法)や占いも試し、      
 体外離脱したくてヘミシンクCDをヘッドホンで聞きながら眠りにつく。      
 日課として般若心教を妻に捧げ、      
 勿論、宗教についても手あたり次第。

 死後の世界の真実、異次元の秘密が知りたくて、得られた情報はすべて試してみました。

 そんな状況の中から、多くのことを経験し、さまざまな事実を知りました。否定できない現実に驚き、涙し、そして、徐々に一つずつ、何度も確認しながら理解してきました。

死者との再会のために

 『死後の世界はないよ』という人の言うことを、聞いてはいけない。

 もし、死者との再会を成し遂げたかったら、
 出来なかった時に死後の世界が無かったことにしないで、
 自分のせいにしなさい。

 多くの人が、僕にも君にも「死後の世界はない」と言った。
 彼らは、君に再会してほしくないんだ。
 なぜなら、彼らは再会出来なかったから。
 途中で諦めてしまったから。
 だから、君にもその希望を諦めてほしいんだ。

 不幸なひとは、不幸な人を友達にしたいんだ。
 決して諦めては駄目だ。

 自分のまわりを愛であふれ、
 本当のことを知っている人でかためなさい。
 自分のまわりを希望であふれ、
 諦めない人でかためなさい。

 近くに誰か成し遂げた人がいたら、
 その人に、アドバイスを求めなさい。

 君の人生を、考えることが出来るのは君だけだ。
 君の目的がなんであれ、それに向かっていくんだ。
 何故なら、君は幸せになる為に生まれてきたんだ。
 何故なら、君は幸せになる為に生まれてきたんだ・・・

 これは、マジック・ジョンソンが黒人の子供たちに贈った言葉を引用し、死者との再会を願うあなたに贈る言葉です。
 死者との再会のために必要な最初の環境条件です。
 あなたが真実を受け入れる準備がなければ、目的を成し遂げることはできません。小さなサインに気付くことも有りません。情報が勝手にやってくることも有りません。
 死後の世界を認めない者とって、霊界からのメッセージなど、本当は必要のない情報だからです。

 無意味な情報、不快な経験、威圧的誘導は、≪orpheus journey≫には記載していませんが、公開した真実の情報以上に有りました。そして、真実を知ることを阻むが如く「偽物」は強烈な圧力で攻め込んできます。あたかも人生の意味を諭すかのようなマインドコントロールも有ります。
 しかし、私は「真実が知りたい」との一念で、限界をとっくに超えた精神状態でも冷静に判断してきました。孤独も臨界点を超えれば、冷静な判断をもたらすものです。無用な話はすべて通り抜ける程の孤独でした。

 あなたの周りに、根拠もなく、ただ死後の世界を否定する者、自分の価値観を押し付けて来る者がいても、≪orpheus journey≫に記載した私の経験した現実は変わりません。
 その人たちは、死後の世界の存在を認めたくないのです。何を知っているというのでしょうか?
 あなたが、まだ、死後の世界を認める証拠を持っていなくても、否定してはいけません。今は、まだ気付いていないだけです。イメージできないことは実現しません。

「死者との再会は、小さなサインに気付くことから始まります」


私の知った15年の結論は、次項「死後の世界」へ